沖縄のレストラン情報・ショッピング情報・旅行情報をご紹介するOKINAWA CONCIERGEのピックアップ・特集ページ

ピックアップ・特集
pickup

2019.06.15
アクティビティ

沖縄本島北部に訪れたなら必ず足を運びたい!おすすめのビーチ8選!

沖縄といったらやはり海ですね!沖縄本島北部には透明度の高いビーチや、トロピカルな魚と泳げるビーチがたくさんあります。

今回はその中でも特におすすめな沖縄本島北部のビーチをご紹介します!

穴場のシークレットビーチや、定番のオススメビーチも紹介するので、沖縄旅行前に是非チェックしてみてね!

1. アンチ浜(瀬底島)



ここでは地元でも穴場と知られる「アンチ浜」を紹介していきます。何故穴場かというと、実はビーチそのものは決して大きくはないんです。

ですが、それを補って余りある水の透明度は抜群で、シュノーケリングがOKな為、水の中を除けばそこは別世界です。

アクセスは、車で那覇から沖縄自動車道経由でおよそ1.5km。449号線から瀬底大橋が見えたら、そこを渡ると沖縄北部の瀬底島です。

また、せっかく沖縄北部のアンチ浜ビーチまで足を運んだんですから、美味しい物だって食べたい!

そんな方には「りんごカフェ」がオススメです。このお店のシェフはフランス人で、地元でも焼き菓子が美味しいと評判になっています!お時間があれば是非よってみてくださいね!

さらに、大きな特徴として瀬底島は離島です。アクセスが良く車で手軽に行ける離島なのです!夜になると街灯が少ないので、都会では見れない美しい星空をが見ることができます。

水の中も別世界なら、見上げる夜空も別世界です。きっと心も洗われること間違いありません。

→瀬底島とアンチ浜の詳細

<基本情報>
【アクセス】沖縄県国頭郡本部町瀬底
【駐車場料金】無料
【施設利用料金】無料
【営業時間】9:00〜18:00(時期により変わります)
【夏季のみの設備】シャワー、海の家、食堂
【マリンスポーツ】バナナボート、パラセーリング、シュノーケリングなど
【レンタル】パラソル、浮き輪、シュノーケルなど
【お問い合わせ】沖縄マリンスタジオ:0980-47-7355

2. 瀬底島にあるシークレットビーチ「恋人ビーチ」



瀬底島と言えば、何と言っても瀬底ビーチやアンチ浜が有名どころで、ネットなどで検索してもまず上がってくるのはこの二つですが、瀬底島はこれだけではありません。

もう一つ隠れた名所があるんです。それは、シュノーケリングにオススメのシークレットビーチ「恋人ビーチ」。素敵な名前ですよね。

名前の通り、恋人同士で素敵な海を見ながら素敵な時間を過ごすのにぴったりのビーチです。

瀬底大橋を渡り2つ目の道を左折するとシークレットビーチ「恋人ビーチ」が確認できます。アンチ浜からは車で5分程で行ける距離なので是非「恋人ビーチ」も寄ってみてくださいね。

しかし、シークレットだけあって、看板こそ出ているものの観光客はほとんど訪れませんし、駐車場もないので路上駐車になります。看板通りに車で進めば、海沿いに出られます。

プライベート感たっぷりのビーチは、人目を気にせずのんびりと過ごす事ができます。多少賑やかさが欲しい方は、瀬底ビーチやアンチ浜をおすすめします。

瀬底島はとても小さな島ですので、車で絵20分程あれば島を一周することができます。

時間がある方は3つの全てのビーチ「瀬底ビーチ」、「アンチ浜」、「恋人ビーチ」に行ってみてください!

→瀬底島と恋人ビーチの詳細

<基本情報>
【アクセス】橋を渡り2つ目の道を左折
【駐車場】なし
【施設利用料金】無料
【営業時間】24時間
【夏季のみの設備】なし

3. ウッパマビーチ



本部半島北部、今帰仁村のウッパマビーチを紹介します。ここは広々とした白い砂浜が印象的なビーチで、時間を忘れてゆっくりできるスポットとして、訪れる方からも高評価を得ているビーチです。

古宇利ビーチや瀬底ビーチに比べ人が少ないのも人気がある理由の一つ!アクセス方法としては、那覇空港から沖縄自動車道を辿って、およそ1時間30分程度です。

ビーチを楽しむ前のドライブとしてはちょうどいい時間を過ごせます。肝心のビーチですが、シュノーケリングの他に、シーカヤックやジェットスキーなども楽しむ事ができます。

また、このビーチではバーベキューもできますので、家族連れは勿論、仲間内で昼も夜も楽しめるビーチになっています!

近隣にホテルもあるので、宿泊される方は「ウッパマビーチ」を存分に満喫するに事ができます。ところでウッパマって聞きなれないですよね、実はこれは方言なんです。意味は「大きな浜」という意味で、まさに心も大きくありたいですよね。

<基本情報>
【アクセス】沖縄県国頭郡本部町瀬底
【駐車場料金】¥500
【施設利用料金】¥300
【営業時間】9:00~18:00
【設備】監視員、シャワー、トイレ、更衣室、売店あり
【マリンスポーツ】ジェットスキー、ダイビング、グラスボード、カヤック
【レンタル】パラソル¥500、浮き輪¥500など
【お問い合わせ】0980-56-2767(ホテルベルパラソイ)

4. エメラルドビーチ



エメラルドビーチは海洋博公園内にあり、「遊びの浜」「憩いの浜」「眺めの浜」3区に分かれているのが特徴の美しい色彩を放つビーチです。

ここは、日本で初めて作られた人口のビーチだってご存知でしたか? 

那覇空港から沖縄自動車道を利用して、およそ2時間程度で「エメラルドビーチ」につくことができます。残念なのは、他のビーチと違ってシュノーケリングをはじめとするマリンスポーツが禁止されている事です。

小さな子供や赤ちゃん連れの方には、管理が行き届いているので安心して利用することができます!

夏休み時期には様々なマリンスポーツの体験イベントが企画されますので、アクティブに楽しみたい方は、HPなどをチェックして行くのをおすすめします。

また、こ海洋博公園全体がとても広く、エメラルドビーチはその一角に過ぎません。

海洋博公園内には、世界で初めて繁殖に成功したナンヨウマンタが見れる「美ら海水族館」や、イルカショーを楽しめる場所「オキちゃんショー」もありますので、エメラルドビーチに行った際は是非寄ってみてください!

日々の喧騒を忘れて沖縄での時間をお楽しみください。

→海洋博公園のおすすめスポットをご紹介

<基本情報>
【アクセス】沖縄県国頭郡本部町石川424(海洋博公園内)
【駐車場料金】無料
【施設利用料金】無料
【営業時間】4月1日~9月30日(8:30~19:00) 10月1日~10月31日(8:30~17:30)
【設備】監視員、シャワー、トイレ、更衣室、コインロッカー(¥100)、売店、クラゲ防止ネット
【マリンスポーツ】ジェットスキー、ダイビング、グラスボード、カヤック
【レンタル】パラソル¥500、うきわ¥500など
【お問い合わせ】0980-48-2741

5. オクマビーチ



オクマビーチは、オクマプライベートビーチ&リゾートというのが正解で、ホテルの宿泊客のためのまさにプライベートビーチになっているのが特徴です。

ただし、宿泊してなくても有料でビーチを利用する事ができるので、宿泊までは都合がつかないと言う方にはこちらがオススメです。

このビーチでは天然白砂が広がるエメラルドグリーンの海で、多彩なマリンスポーツが用意されています。沖縄北部にあるオクマビーチは県内トップの透明度で、水質ランク「AA」を誇ります。

オクマリゾートの宿泊はコテージがメインで、プライベート感が充実しており、ペットが可能なコテージも用意されています。

従って、レストランに困ることもありませんし、マリンスポーツ以外でも、ヨガやアロマセラピーサロンなども整っております。まさにプライベートビーチとして、社会の喧騒から離れる事ができます。

またここにはウエディングの設備も整っており、全面ガラス張りの教会で、コバルトブルーの絶景を前に2人の愛を誓うことができます!是非、ウエディングもチェックしてみてくださいね!

<基本情報>
【アクセス】沖縄県国頭村字奥間913
【駐車場料金】¥500
【施設利用料金】宿泊者は無料、大人¥500、子供¥520
【営業時間】9:00~17:00(時期により異なる)
【設備】監視員、シャワー、トイレ、コインロッカー、売店、クラゲ防止ネット(6月〜11月の期間のみ)
【マリンスポーツ】ジェットスキー、シュノーケリングツアー、クルージング、マリンウォーカー
【お問い合わせ】0980-41-2222

6. 塩川ビーチ



那覇空港から沖縄自動車道を利用して、およそ1時間30分程度の場所にある「塩川ビーチ」は、一面に真っ白な砂浜が広がる浅瀬のビーチです。

ビーチそのものは管理者がいないので、自由に利用する事がでますが、駐車場はホテルである美ら海オンザビーチMOTOBUの管理となる為、宿泊者しか利用できない形になっています。なので、利用する際はこのホテルを利用することをオススメします。

海の色が非常に素敵で、雑誌をそのまま切り取ったかのような印象を受けること間違いありません。天然浜なので、タイミングによってはヤドカリが見られることもあり、お子様には抜群の環境です。

もちろん大人なあなたもアクティブに楽しむ事ができます。ジェットスキーに引かれるバナナボートを楽しむ事ができますので、マリンスポーツを満喫して下さいね!

余談ではありますが、地元の方はオクマビーチの手前のビーチで、無料で泳いでる方も大勢います。防護ネットや管理者がいないので、利用は自己責任でお願いします!

<基本情報>
【アクセス】沖縄県国頭郡本部町崎本部
【駐車場料金】なし
【施設利用料金】無料
【営業時間】年中無休
【設備】監視員、シャワー、トイレ、更衣室、コインロッカー、自販機、クラゲ防止ネット、BBQ
【マリンスポーツ】バナナボート、SUP(パドルボート)、シーカヤック、クリアカヤック、グラスボート
【レンタル】ビーチパラソル、チェアー、テント、クーラーBox
【お問い合わせ】0980-47-2277

7. 古宇利ビーチ



沖縄本島北部にある古宇利島は離島ですが、屋我地島と古宇利島は古宇利大橋で結ばれていますので、車で手軽に行く事ができます。全長1,960mの、その古宇利大橋から眺める海は、まさに絶景と言えます。

そしてその古宇利島の入口と言っていい場所に、古宇利ビーチがあります。

離島の海なので、透明感は抜群で、白い砂浜が続いているのが特徴です。クラゲ対策も施されていますので、沖縄では一番との呼び声も高いビーチを、安心して満喫する事ができます。

もちろんカヤックなどのマリンスポーツを楽しむこともできます。また、日中だけではなく、夜は満点の星空を見る事ができるので、大切な人との時間を過ごすには最適な空間になっています。

そして食事も見逃すことはできません。名物であるウニ丼は、まさに舌鼓をうつ美味しさです。地元の方にも愛されているこのビーチで、ぜひ至福の時をお過ごしください。

<基本情報>
【アクセス】沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
【駐車場料金】なし
【施設利用料金】有料、無料あり
【営業時間】日没まで
【設備】シャワー、トイレ、更衣室、コインロッカー、クラゲ防止ネット、
【マリンスポーツ】バナナボート、マーブル、ジェットスキー体験
【レンタル】ビーチパラソル、サマーベッド、チェアー、浮き輪
【お問い合わせ】0980-56-2256

8. 21世紀の森ビーチ



那覇空港から沖縄自動車道経由から、1時間20分程度の場所にある「21世紀の森ビーチ」は、21世紀の森公園という、運動場などの施設を兼ね備えた公共施設の一角としてビーチがあります。

人口のビーチですが、目を疑うような、真っ白なきめ細かい砂浜が特徴です。

もちろん透明度も抜群で、人口ビーチならではの特徴として、クラゲ対策はもちろん、トイレやシャワーも綺麗に整備されていますので、利用のしやすさは抜群です。ただし、管理ビーチでもあるため、シュノーケリングの利用は不可です。

「21世紀の森ビーチ」は波もないので、海水浴をしたり、ビーチでのんびり過ごしたりいという方にオススメです。

また、このビーチは夕日が綺麗に見えることでも知られており、恋人同士で見る夕日は、何ものにも変えがたい時間をもたらしてくれること間違いありません!

<基本情報>
【アクセス】沖縄県名護市宮里2-2-1
【駐車場料金】無料
【施設利用料金】無料
【営業時間】9:00〜18:30(時期により異なる)
【設備】シャワー(¥100、9:00〜17:00まで)、トイレ、クラゲ防止ネット、
【施設】多目的広場、テニスコート、運動場
【お問い合わせ】0980-52-3183