沖縄のレストラン情報・ショッピング情報・旅行情報をご紹介するOKINAWA CONCIERGEのピックアップ・特集ページ

ピックアップ・特集
pickup

2019.06.17
アクティビティ

宮城島にある絶景隠れスポット「トンハナビーチ」を満喫しよう!

沖縄といえばビーチは外せないスポット。ただどこの海水浴場も観光客でいっぱいで、疲れてしまいますよ?

そんな時におすすめしたいのが、トンハナビーチです。

沖縄東部の離島・宮城島の隠れ天然ビーチです!

穴場的なビーチなのであまり知られていませんが、海の透明度も抜群で、たくさんの魚に出会うことができますよ。

離島ながらアクセスも◎。そんなトンハナビーチの魅力を、ご紹介します。

1. 沖縄の穴場!透明度抜群のトンハナビーチ



沖縄ビーチはたくさんありますが、地元の人がお勧めする宮城島の隠れビーチを知っていますか?

それが「トンハナビーチ」です。穴場ビーチになっていて人が少ないのも人気の理由の一つ。

なんといっても、海が透明度が抜群で、美しい!

海底のサンゴ礁が地上から見える、素晴らしい絶景が広がります。

手つかずの自然ビーチで、琉球石灰岩に囲まれた海岸が、沖縄のコバルトブルーとマッチしています。

砂浜はサンゴや貝殻の混ざった白い砂なので、ふかふかして裸足で歩けちゃうので試してみてくださいね。

インスタ映えもバッチリ!特製のトンハナビーチ撮影ボードも、無料で貸してくれます。

こんなにキレイなのに、ガイドブックに載っていないので、人も少なく穏やかなビーチです。

地元の人からは穴場ビーチとして親しまれているそう。

【関連記事】トンナハビーチからアクセスが良い浜比嘉島にあるムルク浜ビーチも一緒にチェックしてみてくださいね♪
↓↓↓
「ムルク浜」|浜比嘉島にあるプライベート感たっぷりの天然ビーチ


敷地内には海が見渡せるウッドデッキも設けられていて、数千円で借ることができます。わざわざ椅子やパラレルも持ってこなくても大丈夫。

開放的な空間で、青い空と海を眺めるのもお勧めです。

2. 沖縄の離島ビーチでBBQ満喫



トンハナビーチではBBQもできます。設備が整ってるので、手ぶらでふらっと来てもOK。材料も1人前から注文できます。もちろん材料持込も可能です。

場所は、海が見渡せるウッドデッキ。海以外遮るものがないので、BBQに最高のロケーションです。ついつい長居してしまいそうです。

♦小腹が空いたら軽食を

 沖縄そば

 カレー

 かき氷

食べ物には困らないので安心ですね!

♦ドリンクも各種揃ってます

①オリオンビール

②酎ハイ

③マンゴージュースなど

ドリンクメニューも豊富に揃っているので嬉しいポイントですね。アルコール以外も多めなので、ドライバーさんも一緒に楽しめます。

沖縄で飲むと一段と美味しいオリオンビールは、BBQと一緒に是非試してみて。


季節によっては海水浴客より、BBQの方が人数が多いそうですが、このロケーションは納得です。

3. 「マリンスポーツ宝庫」シュノーケルやフライングボードも



マリンスポーツも充実しているトンハナビーチ。シュノーケルはもちろんのこと、バナナボート、ビスケット、ウェイクボードもレンタルできます。

本格的なアクティビティをしたい方も、ボードで浮かびながら海を楽しみたい方も、どちらも対応しています。空を飛ぶことができるフライングボードができるのも、このビーチならでは。バランスをとって水圧で押し上げることで、空中散歩ができます。


ほかにも浮き輪やサンダル、レジャーシートなど一般的なものも、レンタルで揃っています。

トンナハビーチで特におすすめしたいのがシュノーケルです。

沖縄のビーチでも、シュノーケルをできる場所が案外限られています。

海は遠浅かつ、西向きで波が穏やかなので、家族連れにもぴったりですね。

手付かずの天然ビーチは人が少なく、ニモで有名なカクレクマノミや、イソギンチャクに出会うことができますよ。

他にも多くの魚が生息し、青い魚のリスズメダイ、黄緑とオレンジのヤマブキベラ、くの字の尾ひれのコバンアジなど、天然海岸ならでは魚の多さに驚くはずです!

さらに、シュノーケルをしながらえさやりも体験できるので出会える確率が上がりますよ♪

監視員付きのこのビーチで、思う存分体験しちゃいましょう。遠浅なので、サンゴや熱帯魚が深く潜らずとも見つけることができます。

サンゴ礁は人の手の温度で火傷しちゃうので、できるだけ触れず観察してみましょう。ここではシュノーケル、その他マリンスポーツはライフジャケットをつけて泳ぐので、普段泳ぎが苦手な方も挑戦できます。

ただしクラゲ防護ネットが付いていないので、クラゲ対策は気を付けましょう。

4. 宮城島トンハナビーチの行き方と周辺スポット



那覇空港方1時間半ほどのドライブ。トンハナビーチのある宮城島うるま市は、平安座島と伊計島の間にあります。離島ですが、橋を渡って気軽に行けます。

パーキング完備ですが、1日500円の駐車料金がかかります。


遊泳は4月上旬〜10月末まで(9時半〜18時)。海水料金は大人=500円、子供=300円が必要です。シャワーの完備で、200円で利用できます。


有料海水浴場ですが、比較的お手頃価格がうれしいですね。その分設備があるので、ふらっと楽しめるのが魅力的です。

宮城島には一緒に行きたいスポットがあります。「ぬちうなー」は宮城島がギュッと詰まったレジャースポット。島内の一番の観光地といわれています。塩工場見学や海を望むカフェで、沖縄ならではを体験してみてはいかがでしょう。

敷地内にはパワースポットの「龍神風道」や「三天御座」など聖地は、仕事運を上げたい方におすすめ。ほかには、崖の上から海岸を見下ろす絶景ポイント「果報バンタ」もあり、見所満載です。

下記のリンクから果報バンタの基本情報もチェックしてみてください♪
↓↓↓
人気観光ランキング第1位!?沖縄の絶景スポット「果報バンタ」

美しい自然が残るトンハナビーチ。まだ知られていない沖縄海岸を、いち早く楽しんでみませんか。