沖縄のレストラン情報・ショッピング情報・旅行情報をご紹介するOKINAWA CONCIERGEのピックアップ・特集ページ

ピックアップ・特集
pickup

2019.08.03
その他

名護市の「オリオンハッピーパーク」で工場見学!無料ビール2杯付き!

沖縄のお酒といえば、泡盛を思い浮かべる人が多いと思いますが、ビール大好き人間の私はオリオンビールで決まりです!

軽い飲み口で、ゴクゴクといくらでも飲めちゃうのがオリオンビール。

南国沖縄で飲むと、ますますおいしく感じませんか。

それもそのはず。

オリオンビールは沖縄の高温多湿な気候に合わせて作っているんです。どおりでおいしいわけですね。

オリオンビール工場があるのは、プロ野球のキャンプも行われる名護市。名護市は沖縄北部の中核都市です。

工場のすぐ隣に併設するのが、今、話題の大人の工場見学にぴったりな「オリオンハッピーパーク」。

この施設は工場見学のために建設されました。

今や沖縄の人気観光スポットに成長した「オリオンハッピーパーク」では、工場見学の後に無料でビールが2杯飲めちゃうんです!

ビール大好き人間なら、これは行くしかない!

それではオリオンビール工場の見学、試飲の様子や予約の仕方、工場までのアクセスについて紹介していきます。

1. 沖縄に行ったら、やっぱりオリオンビール!

沖縄に行ったら、やっぱりオリオンビール!

オリオンビールはキリン、アサヒなどのメージャーブランドと並び、日本国産ビール大手5社に数えられているって知っていましたか。

日本各地で作られている地ビールやクラフトビールとは、一線を画しているんです。

オリオンビールは沖縄県で消費されているビールの、なんと5割のシェアを誇っています。

沖縄の飲食店で「ビール!」と頼んだら、出てくるのはおそらくオリオンビール!だと思いますよ。

オリオンビールはライトビールというジャンルに属しています。

飲み口が軽くて、ごくごく飲めちゃう感じですね。

このまったりとした気候に合わせて作っているので、のどが渇きがちな沖縄で飲むと、よりおいしいのは当然です。

これって女性向けかもしれません。

「ビールはちょっと・・」という女性にも抵抗なく飲めちゃうはず。

2. 沖縄北部のオリオンビール工場見学は予約をしてから



オリオンビールの工場見学ができるオリオンハッピーパークは、2011年にオープンしました。

2018年には来場者が100万人を越えた大人気施設なのです。

工場見学はもちろん無料。おまけにビールが2杯も試飲できちゃいます。     

当日でも空きがあれば予約なしで見学OK。ですが、大人気だけに予約なしで行くのは危険です。必ず予約していきましょう。            

電話予約とインターネット予約ができます。

工場見学の時間は9:20~16:40で、1日23回の見学ツアーが行われていますよ 
      
 

♦電話予約

①電話予約は、見学当日でも空きがあれば、当日予約できます。

②0980-54-4103(工場見学予約専用)

③受付時間 9:00~16:00(休業日を除く)

♦インターネット予約

①インターネット予約は前日の17時までになっています。

②選択できる時間帯が一目でわかるので、予定が決めやすいですよ。

③オリオンビールのホームページから予約フォームに進めます。

3. いざオリオンビール工場見学へ!




ばっちり予約をしました。満を持してオリオンビールハッピーパークの中へ!

玄関を入ると、まずは広々としたロビー。すでに香ばしい麦汁の香りがただよい、ワクワクが高まりますよ。

創業当時の仕込み釜のオブジェが、見学客をお迎えします。

ここで受付をすませてください。

所要時間は試飲の時間も合わせると、おおよそ60分かかります。


工場見学スタート時間まで、2階のギャラリーをぶらり。

昭和40年代の「まちやぐぁ」が再現。沖縄の言葉「まちやぐぁ」は、商店の意味だそうです。

かわいらしいおばあが、今にもひょっこり顔を出しそうな雰囲気。


創業当時からのビールのパッケージが展示されています。三ツ星マークがかわいいですね。


工場見学スタートはまもなく。でもギャラリーの窓をのぞくと、ビールの樽詰めの作業が・・。


さあついに工場に入れるぞ。大人の工場見学スタート!

ここではホップと麦芽の香りや手触りを確かめられます。


仕込みしている場内にも入れます。5つの釜がずらり。熱気も感じられますよ。


麦汁がかき回されている釜の内部が見えます。

まだちょっと飲めなそうですね。


コンピュータで管理されているんですね。


窓から見えるのは、大きな大きな発酵タンク&貯蔵タンク。

1つのタンクで、350ml缶が365日×1500年分だそうです
1500年分って!


こちらも窓から見るたくさんのビール樽。飲みたい気持ちが高まります!


缶詰作業も見学。なんと1分間に1200本も缶詰作業ができるそうです。1200本の缶がずらりと並びます。

こんなに速いなら、ビールの気が抜けることは絶対にありませんね。

缶詰されたてのビールが、ベルトコンベアーを流れていきます。いよいよ見学も終盤。ということは・・。

4. 待っていました試飲タイム!ビール2杯無料!



工場見学の後は、ついにお待ちかねの試飲タイム!

試飲会場は、同じ施設にある「やんばるの森」というビアレストランです。

工場から運ばれてきたばかりのビールを、グラス2杯も有り難いことに無料で試飲できちゃいます。

ずっーと待ってましたよ。試飲タイムを。

いい感じにのどが渇いて準備は万端!

作り立て、そして、注いでいただいたばかりのオリオンビールを一口ゴクリ。

工場見学で飲みたい気持ちはMaxだったので、喉の奥までしみわたります。

あっという間に1杯目を飲み干しちゃいました。

もう1杯おかわりできるのがうれしいですね。

もともと泡がクリーミーなことで知られるオリオンビール。

それが出来立てなんですよ。クリーミーじゃないわけないですよね。

なんと、おつまみも付いてくるおもてなし。

このおつまみ「オリオンビアナッツ」はビール酵母が使われていて、当然ですがビールに合います!

那覇空港などでも売られていますが、施設内の売店ですとけっこう安く購入出来るので、職場へのお土産にぴったり。

お子様やドライバーのために、さんぴん茶、レモンティーなどのソフトドリンクや、ノンアルコールビールが用意されていますよ。

本当にドライバーさんには感謝感謝ですね。

5. オリオンハッピーパークへのアクセス方法


■那覇空港から車を利用

沖縄自動車道の許田ICを降り、国道58号を北上、名護市街の東江4丁目(北)交差点を右折して1㎞。(約1時間10分)

■那覇空港から高速バス2番乗り場

111系統バスに乗車、世冨慶(よふけ)停留所下車、徒歩15分

おススメは名護に宿泊してタクシーで

同行者全員が「ビール飲みたい!」という場合は、名護市のホテルに宿泊して、タクシー利用をおススメします。

名護市には他にも楽しい観光スポットがいっぱいです。

ファミリーで楽しめるブセナ海中公園、ナゴパイナップルパーク、ネオパークオキナワなども外せない人気スポット!

人気の美ら海水族館は車で35分くらいの距離になります。

オリオンハッピーパークで見学や試飲をエンジョイした後は、名護のホテルに宿泊して、次の日は朝から美ら海水族館へというプランはいかがでしょうか。

6. まとめ

オリオンビール工場見学の紹介はいかがでしたか。

南国気分を味合わせてくれるのがオリオンビール。

みなさんもぜひここを訪れて、工場を見学して、できたてのビールを味わってくださいね。

施設内のグッズショップでは、たくさんのオリオンビールグッズも購入できちゃいます。

三ツ星デザインがキュートなオリオンビール。

Tシャツなどのグッズもかなりのかわいさです。ぜひチェックしてみてくださいね。

小学校時代に経験する工場見学は、大人になるとさらに楽しめちゃうんですね。

みなさんも沖縄旅行の際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。