沖縄のレストラン情報・ショッピング情報・旅行情報をご紹介するOKINAWA CONCIERGEのピックアップ・特集ページ

ピックアップ・特集
pickup

2019.08.15
その他

嵐のCMで大ブレイク!恋の島・古宇利島を一望・オーシャンタワー

沖縄本島北部にある周囲7.9kmの小さな島「古宇利島(こうりじま)」は、人気グループ嵐のJALのCMで脚光を浴び、年間80万人が訪れる、沖縄有数の一大観光スポットになりました。

車で10分足らずで1周できる小さな島には、沖縄一、美しいとされる手つかずのビーチが点在し、透明度に圧倒されます。

島のランドマーク的存在が「古宇利島オーシャンタワー」です。

展望台からの眺望は、泣きたくなるくらい美しいそうで、最上階の展望デッキにある鐘を恋人と一緒に鳴らすと、永遠の愛が叶う、という噂があるらしいです。

全国からカップルが訪れる「恋の島」にある白亜タワー「古宇利島オーシャンタワー」へ一人で訪れました。

1. なぜ古宇利島は、恋の島なの?ロマンチックな伝説

古宇利島は、沖縄版アダムとイブの神話が残っており、古くから「恋の島」「神の島」と言われているそうです。

また「こうりじま」の語源が「恋島(くいじま)」と言われていることからも、恋の島になったんですって。ロマンチックですよね。

「古宇利島オーシャンタワー」は、古宇利大橋を渡りきると右手に見えてきます。


古宇利大橋をドライブしていると、まるで海の上を走っているような最高の気分を味わえます。

全長約2㎞、海の上をまっすぐに貫く大橋は、運転していると本当に気持ちいい。


白亜のタワーが見えてきました。

海抜82m。島のほぼ全体を見渡すことができる絶景スポットです。

三角の帽子のような形をした展望デッキに噂の鐘を発見。

200台収容できる無料駐車場に車を止めて、案内板に従って進みます。


入場料大人800円を自動券売機で購入すると、いよいよ話題の無人カートとご対面です。


白とブルーのスマートな自動カートに乗ってタワーへ向かいます。

ピンクのハートのカートが1台だけあります。

乗ることのできた人は超ラッキーですね。


自動運転のため、ハンドル操作は不要です。

運転はお任せなので、外の景色や会話をお楽しみください。

ちょっとした遊園地の乗り物みたいな感じです。


ハンドルに注意事項が書かれてあります。


ヤシの木やハイビスカスの花が咲いている庭園を進みます。

カート内では音声ガイダンスが島の歴史などを紹介してくれますよ。



ゆっくり外の景色を楽しむことができます。

エメラルドグリーンの海が遠くに見えてきました。


他のカートはカップルや家族連れが楽しそうに乗っています。

なぜ、一人で来たんだろうと少し後悔しています。

タワーに入ったら、若いカップルがイチャイチャしているんだろうなぁ。


それにしてもエメラルドグリーンの海の色が微妙に変わっているのが分かります。

沖縄一、美しいと言われるだけあります。

渡ってきた古宇利大橋が見えてきました。

海に浮かぶ姿も美しい。

ハイビスカスの赤と海の青、島の緑のコントラストが絶妙です。


駐車場も見えてきました。

結構高いところまでカートはやって来たようです。
 

古宇利島は、琉球人発祥の地とされているそうです。

沖縄版アダムとイブの子孫が琉球の人々なんですって。 

透明度が高い海の青さは「古宇利ブルー」とも呼ばれているそうですよ。

カートに乗って約8分。タワー入り口に到着です。

カートに乗っているだけでも結構楽しめました。

海の中に奇妙な形をした岩がありました。

ハートロック以外にも面白い岩が多いです。

2. シェルミュージアムは圧巻!決して素通りしないでください



タワー1階は貝の博物館になっています。1万点以上の世界の貝殻が展示されています。


色鮮やかな貝、珍しい貝など、とにかく見ごたえ十分です。

カップルの中には、展望台へ急ぐあまり、素通りする姿も見かけられましたが、正直もったいないです。


しっかり貝殻も見てください。見ごたえ十分です。

3. 幸せになるピース貝も博物館でみつかるかも?

突然ですが、「ピース貝」ってご存じですか?

島のトケイ浜で打ち上げられている貝で、「キイロイガレイシ」というのが本当の名前です。

手でピースサインをしているように見えることから、「ピース貝」と言われているんですって。

地元の人でも見つけるのが難しい、超レアな貝です。

見つけると幸せになるそうで、テレビの旅番組で、紹介されていたみたい。


シェルミュージアムは世界中の珍しい貝があるので、探してみてくださいね。


トケイ浜は、ハートの形をした「ハートロック」のあるティーヌ浜のお隣にあるのですが、観光客もそれほど多くなく、穴場スポットとなっているようです。

海岸には貝殻がたくさん打ち上げられています。

興味のある方はぜひ訪れてみてください。


大きなサンゴもあります。ここでミュージアムはひとまず終了です。

4. 幸せの鐘をカップルでつくと、永遠の愛が叶う?

貝殻やサンゴの展示を鑑賞した後、エレベーターに乗って展望スペースへ向かいます。


2階と3階が展望フロアとなっています。真っ先に訪れたのは、屋上の展望デッキ。

柵もガラス張りで、眺望を遮るものも一切なし。


エメラルドグリーンの海が一望できる開放的な野外スペースです。

先客の若いカップルが「幸せの鐘」をついていました。

鐘を突き終わると、仲良く手をつないで去っていきました。

幸せなカップルの姿を見ると、幸せのおすそわけをもらったようで、ほんわかしてきます。

さすが「恋の島」だけあります。

一人で鐘をついて、新たな出会いに恵まれるよう、お祈りしてきました。


古宇利島は島全体がパワースポットと言われるくらいなので、一人で行ってもご利益があるかもしれませんよ。

2階と3階は、大パノラマが楽しめる展望フロアです。

窓が額縁のように、風景を切り取っています。


望遠鏡もあるので、島の風景をお楽しみください。

ずっと眺めていても飽きないくらい絶景が眼下に広がっています。

時間が止まった感じです。

まさにオーシャンビューです。ベンチに座って、長い時間眺めているカップルもいました。

2階は特産の島かぼちゃを使ったスイーツも販売されており、ベンチでスイーツを食べながら、景色を楽しむことができます。

島かぼちゃのシュークリームは濃厚でコクがありました。


1階は古宇利島の郷土博物館です。

島の歴史や観光スポットを紹介しています。


人類創生神話のある神秘的な島なので、じっくり眺めてしまいました。

興味深かったです。

   

5. 幸せの鐘をカップルでつくと、永遠の愛が叶う?



那覇空港から1時間40分程度で古宇利オーシャンタワーに着きます。

「古宇利オーシャンタワー」は、展望台のほかに、レストランやお土産店もあります。

大橋を通り、ハートロックのある浜へ直行するのもいいですが、「古宇利島オーシャンタワー」で島の歴史や観光スポットの知識を事前に収集してから訪れると、楽しみが倍増します。

タワー屋上の「幸せの鐘」は絶対つきましょうね。